非公開求人の理由

試験対策

保育道

保育用語集

保育ライフでは希望どおり の転職をフルサポートします。

保育士採用支援を専門におこなってきた保育ライフは東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に、園長や理事長から求人誌に掲載される前にご相談を受けており、常時3,000件以上の新着求人があります。

登録の流れ

保育士のいろいろな働き方

*。。。**。。。**。。。**。。。**。。。*

  保育士試験について

*。。。**。。。**。。。**。。。**。。。*

平成29年度 保育士試験日程

◎前期
筆記試験:平成29年4月22日(土)、4月23日(日)
実技試験:平成29年7月2日(日)

◎後期
筆記試験:平成29年10月21日(土)、10月22日(日)
実技試験:平成29年12月10日(日)

※1 自然災害等により試験が中止となった場合、再試験は行いません。
※2 地域限定保育士試験の実施の有無など
    各都道府県の情報については、後日掲載いたします。

保育士試験対策

準備中

保育士試験とは

◆受験資格
専門学校や短大などの養成校に進学して卒業するか
児童福祉法に定められた児童福祉施設において、
2年以上の勤務で総勤務時間数が2,880時間以上、
児童の保護に従事すれば受験資格が得ることが出来ます。

◆試験内容
筆記試験及び実技試験

◆合格率
保育士試験の合格率は、22.7%(平成27年度)。
平成18年度から、年々合格率は上がってきています。
一般社団法人 全国保育士養成協議会
保育士試験事務センター(http://www.hoyokyo.or.jp/exam/)に
保育士試験に役立つ情報が掲載されてますので
是非、チェックしてみてください。

試験内容について

筆記試験

保育原理
教育原理及び社会的養護
児童家庭福祉
社会福祉
保育の心理学
子どもの保健
子どもの食と栄養
保育実習理論

実技試験

音楽表現に関する技術
幼児に歌って聞かせることを想定して、
課題曲(2曲)の両方を弾き歌いする。

~ 求められる力 ~
保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど
総合的に豊かな表現ができること

・ ピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏する。(楽譜持ち込み可)
・ ピアノの伴奏には市販の楽譜を用いるか
 「受験の手引き」に添付の楽譜コードネームを参照して編曲したものを用いる。
・ ギター、アコーディオンで伴奏する場合には、
 「受験の手引き」に添付の楽譜コードネームを尊重して演奏する。
・ いずれの楽器とも、前奏・後奏可。歌詞は1番のみ。移調可。

造形表現に関する技術
保育の一場面を絵画で表現する。

~ 求められる力 ~
保育士として必要な造形表現
(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色遣いなど)ができること。

試験当日に示される問題文で設定された一場面を、
同じく示された条件を満たして表現する。

言語表現に関する技術
3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、
4つのお話のうち一つを選択し、子どもが集中して聴けるようなお話を行う。

★求められる力
保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、
幼児に対する話し方ができること。

・ お話は、子どもが20人程度受験者の目の前にいることを想定して行う。
・ お話の編集、展開に関する決まりはないが、3分でまとめる。

実施試験のスケジュール

申請は4月に取り寄せて、翌月には申請をする必要があります。
4月になると(社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センターから「保育士試験 受験の手引き」は配布されますので、取り寄せていただき、翌月には、申請する必要がありますので、受験に必要な提出書類を提出されますと、7月に受験票が交付されます。

受験に必要な提出書類

受験申請書 受験資格を証明する書類(卒業証明書など) 証明写真 受験手数料

筆記試験は8科目のマークシート式

  1.  社会福祉
  2. 児童家庭福祉
  3. 保育の心理学
  4. 子どもの保健
  5. 子どもの食と栄養
  6. 保育原理
  7. 教育原理及び社会的養護原理(2科目で1科目とされ、各50点×2科目の100点満点で採点をされますが、2科目ともに合格点に満たさない場合は不合格となります。)
  8. 保育実習理論

の8科目になり、1科目あたり60分、100点満点で採点されます。科目ごとに採点され、合格した科目は2年後まで持ち越しができ、その科目は免除されることになります。合格点は例年でいくと、60点がボーダーとなっております。

これらの試験を合格した人のみ実技試験に進むことになります。
試験は、「音楽表現にかんする技術」「造形表現に関する技術」「言語表現に関する技術」の中から2つ申請します。申請後の変更はできませんので、ご注意ください。
全て50点満点で採点されます。
音楽は、課題曲からピアノ、ギター、アコーディオンのいずれか使用します。
造形は、想像画やデッサンを見て、色鉛筆などを使って描いたりします。
言語は、話し聞かせを行いますが、絵本などの道具を使用することはできませんので、ご注意ください。