PR

未就学児の年齢範囲について

赤ちゃんから小学生まで 子育て

多くの場面で、未就学児向けの無料サービスや入場制限が設けられていますが、具体的に「未就学児」とはどの年齢の子どもを指すのでしょうか。

未就学児とは「小学校に入学する前の子ども」のことを指し、年齢でいうと0歳から6歳までが該当します。

(6歳でも小学校に入学したら未就学児ではないということです)

この記事では、未就学児の年齢範囲について詳しく解説します。

スポンサーリンク

未就学児の定義と年齢の確認

未就学児(みしゅうがくじ)とは、小学校に入学する前の子どものことを指します。

これは、生後すぐの0歳から6歳までの子どもたちを含みます。

未就学児とは「学校にまだ通っていない子ども」という意味です。

「未」というのは、まだその時期に至っていないという意味があり、「就学」とは、義務教育を受けるために小学校や中学校に通うことを言います。

6歳でも、小学校に入学したら未就学児ではないということですね。

未就学児の年齢分類

すべての小学校入学前の子どもたちは未就学児に分類されますが、0~6歳までにはいろんな呼び方があります。

  • 0歳(生後28日まで):新生児
  • 0歳(生後2ヶ月)~1歳:乳児
  • 1歳~6歳(小学校入学前):幼児
  • 0歳~6歳(小学校入学前):乳幼児

未就学児の年齢のくくりは、乳幼児と同じですね。

この他にも、園児(年少・年中・年長)など、子どもの呼び方が色々あります。

幼稚園児も保育園児もみんな未就学児

未就学児としての分類は、幼稚園や保育園によって変わることはありません。

未就学児は生後間もない新生児から小学校に入学する直前の6歳までだからです。

3年制の幼稚園では3歳から6歳、2年制の幼稚園では4歳から6歳、3歳以下で通える幼稚園も存在します。

保育園では0歳から6歳までの子どもが在籍できます。

幼稚園児も保育園児もみんな、未就学児に該当します。

まとめ

未就学児とは、0歳から6歳までの小学校入学前の子どもたちです。

この年齢の子どもたちは、学校教育を始める前の幼児期にあたります。

error: