PR

コンビニからのヤマト運輸による集荷サービスガイド|週末と着払いオプションについても解説

コンビニ 暮らし

コンビニからのヤマト運輸による集荷サービスは店舗や地域によって異なりますが、一般的な集荷時間は「9時から12時」と「13時から17時」です。

各店舗によって集荷時間が異なるため、通常は午前と午後の2回、ヤマトが集荷に訪れることになりますが、ローソンではヤマトの宅急便受付を行っていないので注意が必要です。

この記事では以下の内容に焦点を当てています。

  • コンビニでのヤマトの集荷時間と回数
  • 土日や祝日の集荷が可能かどうか
  • 当日配送のリクエスト方法
  • コンビニからのヤマト利用による発送方法
  • 着払いでの発送方法
スポンサーリンク

コンビニでのヤマトの集荷時間と回数

コンビニでのヤマトの集荷時間は、午前中が「9時から12時」、午後が「13時から17時」と設定されています。

これは店舗によって異なるため、具体的な時間は各店舗で確認する必要がありますが、概ね午前と午後の2回が一般的です。

特にセブンイレブンやファミリーマートなどの大手コンビニではヤマトの集荷が行われていますが、ローソンではヤマトの受付がないため、注意が必要です。

集荷のタイミングが迫っている場合、9時前や13時前に受付を済ませることで、その日の集荷に間に合わせることができます。

続いて、平日だけでなく土日や祝日にも集荷サービスが提供されているかどうか、確認していきましょう。

土日や祝日も集荷は行われるのか

ヤマト運輸は、コンビニが営業している限り、土日や祝日も集荷を実施しています。

したがって、集荷時間と回数は平日と同じく、午前と午後の2回となります。

受付は24時間可能で、希望する集荷時間に合わせてコンビニへ行けば、いつでも発送手続きを行うことができます。

ただし、交通状況などによって配達の日時が遅れることがあるため、これも考慮する必要があります。

最後に、当日中に発送する方法についても詳しく見ていきましょう。

当日中に荷物を発送する方法

コンビニで午前中に受付を済ませると、その日のうちに発送できる可能性があります。

ただし、その日の荷物の量が多いと、集荷時間内に間に合っても当日中の発送が困難な場合があります。

集められた荷物は、直接配送されずに一旦ヤマト運輸の営業所に戻り、そこで仕分け作業が行われます。

仕分け作業に時間がかかると、当日発送が難しくなることもあります。

緊急で荷物を送りたい場合は、前日に受付を済ませるなど、余裕をもって手続きを行うことが重要です。

また、店舗によって集荷時間が異なるため、事前に最寄りの店舗で確認することもおすすめします。

コンビニからヤマト運輸で荷物を発送する手順

コンビニからヤマト運輸を利用して荷物を発送するには、店頭で伝票を受け取って記入する方法と、オンラインで伝票を作成して持ち込む方法があります。

店頭で伝票を記入して発送する方法

まず、荷物を適切なサイズの容器に入れてコンビニへ持っていきます。

荷物の大きさや重さによって送料が異なるため、最適な容器を選ぶことが重要です。

コンビニのレジで伝票を受け取り、必要事項を記入します。

間違いを防ぐため、送り先の情報は事前にメモしておくと安心です。

記入後、伝票を荷物に貼り付けて、レジで受付を行い、支払いを済ませることで発送手続きが完了します。

オンラインで伝票を作成して持ち込む方法

クロネコメンバーズに登録すると、ヤマト運輸の公式サイトやアプリを利用して簡単に伝票をオンラインで作成できます。

QRコードをスキャンして指示に従い情報を入力するだけで、伝票が完成します。

この方法を利用すると、コンビニでの手続きがスムーズに進み、時間の節約にもなります。

コンビニからの着払い発送について

コンビニでの着払い発送は可能です。

コンビニに荷物を持ち込んで、レジで「着払いで」と伝えると、着払い専用の伝票をもらえます。

その伝票に必要な情報を記入し、手続きを完了させれば、着払いでの発送が完了します。

ただし、宅急便コンパクトというサービスでの着払いは受け付けていません。

宅急便コンパクトは、通常の宅急便よりも小さいサイズ(60サイズ以下)の荷物を専用BOXで送るサービスです。

このサービスを利用する場合は、元払いでの処理が必要です。

または、直接ヤマト運輸の営業所へ持ち込む必要があります。

まとめ

ヤマト運輸の集荷時間は、コンビニによって異なりますが、一般的には午前の「9時~12時」と午後の「13時~17時」です。

確実に集荷に間に合わせるためには、9時や13時の集荷開始前に受付を済ませることをお勧めします。

土日や祝日にも集荷が行われるため、平日と同様に利用することができます。

当日に荷物を発送したい場合は、特に午前中の集荷に間に合わせることが重要です。

しかし、その日の荷物の量によっては当日中の発送が難しい場合もあるため、急ぎの場合は前日に手続きを済ませると安心です。

発送方法は、コンビニで伝票を受け取ってその場で記入する方法と、事前にオンラインで伝票を作成してから荷物を持ち込む方法があります。

どちらも着払い発送が可能ですが、宅急便コンパクトなど一部のサービスには制限があるため注意が必要です。

コンビニでの発送は便利ですが、配達日時が不確定な場合があります。

配達希望日が特定されている荷物の場合は、余裕を持って手続きを行うか、ヤマト運輸の営業所へ直接持ち込むことをお勧めします。

error: