PR

PayPayでクレジットカード使用時にポイントが付かない理由

暮らし

クレジットカードを使ってPayPayで支払う場合、PayPayのポイントは付与されません。

二重でポイントを獲得することはできません。

PayPay残高での支払いのみが、ポイント付与の対象となります。

これは、実店舗でもオンラインショップでも同じです。

PayPayには、残高を使った支払いと、クレジットカードを使った支払いの二種類があります。

残高は、現金、銀行口座、カードからチャージすることができます。

クレジットカードで支払う際には、PayPayの専用カードや既に持っている他のカードを使用することが可能です。

クレジットカードを使った際にPayPayポイントが付かない理由と、PayPay専用クレジットカードの特徴について説明します。

PayPayの支払い方法とクレジットカードのポイント

日本で広く利用されているスマホ決済アプリPayPay。

PayPayには、二つの主な支払い方法があります。

  • あらかじめチャージした残高を使用する
  • クレジットカードで直接支払う

チャージした残高で支払った場合はポイントが付与されますが、クレジットカードで直接支払うとポイントは付きません。

ソフトバンクの「まとめて支払い」でのポイント付与

では、ソフトバンクの「まとめて支払い」オプションではどうでしょうか?

この方法を使用しても、ポイントは付与されません。

以前は「まとめて支払い」でPayPayカードにチャージするとポイントが付与されていました。

しかし、2022年12月のソフトバンクの規約変更により、ポイント還元の対象外となりました。

PayPayでクレジットカード支払い時、ポイントがなぜ付かないのか

PayPayを利用してクレジットカードで支払う場合、ポイントが付かない理由を解説します。

PayPayポイントは、実店舗やオンラインショップでの、PayPay利用時に得られる特典です。

ポイントを効率的に獲得するにはいくつかの条件があり、定期的にチェックすることが推奨されます。

残高チャージには、クレジットカードや銀行口座など複数の方法が用意されています。

PayPayポイントは、予めチャージした残高を使った支払いにのみ付与されるため、クレジットカードで直接支払った場合はポイントが付きません。

※2025年1月からは、他社クレジットカードでの決済が不可能になる予定です

PayPayでのポイントの二重取得は不可に

PayPayを使った際のポイントの二重取得についてですが、現在ではそれは不可能です。

PayPayで利用可能なクレジットカードにはVISA、Mastercard、PayPayカードなどがあります。

これらのカードを使った支払いでは、クレジットカード会社のポイントは得られますが、PayPayポイントは付与されません。

次に、PayPayで使用可能なクレジットカードに関する詳細を説明します。

PayPayカードの特長と他カードとの比較

PayPayカードは、PayPayの関連企業が発行するクレジットカードです。

他の一般的なクレジットカードと同様、クレジット機能が備わっており、PayPay残高のチャージや後払い決済に使用できます。

ここでは、PayPayカードのさらなる詳細について掘り下げていきます。

PayPayカードの魅力とメリット

PayPayカードには多くの魅力的な特徴があります。

  • 18歳以上(高校生を除く)の方なら、スマホを使って簡単に申し込みが可能です。最短5分でカードの発行が完了します
  • 200円毎の利用で1ポイントが貯まるため、小額利用でもポイントが溜まりやすいです
  • PayPayクレジットに登録すれば、先にチャージすることなく使用できます
  • 様々なキャンペーンや特典を活用して、ポイントを効果的にためることができます
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOでの特定の支払い方法を使用すると、3%のPayPayポイントが加算されます
  • 家族カードは年会費が無料で、家族も一緒に利用できます
  • カードナンバーや有効期限が印字されていないナンバーレスカードで、セキュリティ面でも安心です
  • 公共料金の支払いにも使用でき、そこでもポイントを獲得できます

ナンバーレスカードは、カード情報が表面に記載されていないため、セキュリティが強化されています。

さらに、ゴールドタイプのPayPayカードもあり、こちらには更に多くの特典が付いています。

PayPayカードの注意点とデメリット

一方で、PayPayカードにはいくつかの注意点も存在します。

  • Yahoo! JAPAN IDが必要なため、持っていない方はカードを作成できません
  • 付帯する保険の種類が限られているため、海外旅行損害保険やショッピング保険などの利用が制限されます
  • ETCカードの発行には年会費や手数料がかかります
  • 既にYahoo!カードを持っている方は、PayPayカードの特典を受けられない場合があります
  • 利用場所によってはポイント還元率が低いことがあるので、利用シーンに応じたカードの選択が重要です

PayPayカードは、PayPayやYahoo!ショッピングの頻繁な利用者に特に適しています。

そのため、例えば楽天を頻繁に利用する方は、楽天での買い物には楽天カードを使った方がポイントが貯まります。

ショッピングの場所や利用シーンに合わせて、最適なクレジットカードを選ぶことが賢明です。

まとめ

PayPayでクレジットカードを使用して支払うと、PayPayのポイントは付きませんが、使用したクレジットカードのポイントは得られます。

PayPayのポイントをつけたい場合は、事前にアカウントに残高をチャージしておくか、PayPayカードを登録してクレジット払い(従来の後払い方式)を利用する方法があります。

今後、他のクレジットカードがPayPayでの決済に利用できなくなる可能性があることから、PayPayカードのメリットとデメリットをしっかりと比較検討し、持つかどうかを決めることが推奨されます。

error: