PR

鶴見緑地プールでの楽しい一日のための持ち物一覧!持ち込みできないものも解説

プールの持ち物 暮らし

鶴見緑地プールは一年中開放されており、多くの人々が水遊びの楽しさを満喫しています。

そんな中で、プールに訪れる際には何を持って行くべきか、また何を持ち込んで良いのかという疑問が生じることがあります。

必要な持ち物は、水着、レジャーシート、ビーチサンダル、タオル、現金、防水ケース、ビニール袋、バッグです。

あると便利な持ち物には、ゴーグルや浮き輪、帽子、ラッシュガードなどがあります。

テント、パラソル、椅子、大きな浮き輪、ベビーカーなどは持ち込みできないのでご注意ください。

この記事では、鶴見緑地プールへのお出かけに役立つ必須アイテムと、持ち込み可能な便利な物、また、持ち込みできないものについて詳しくご紹介します。

プールでの快適な過ごし方:基本的な持ち物

プールでの快適な滞在には、いくつかの必要なアイテムがあります。

「プールに何を持っていけば良いのだろう?」と思っている方のために、必要な持ち物を一覧にしてご紹介します。

持ち物リスト

基本的な持ち物と、あると便利な持ち物は以下の通りです。

[基本的な持ち物]

  • 水着
  • レジャーシート
  • ビーチサンダル
  • タオル
  • 現金
  • 防水ケース
  • ビニール袋
  • バッグ

[持っていると便利な持ち物]

  • スイミングゴーグル
  • 浮輪
  • 帽子(日焼け対策)
  • ラッシュガード(UVカットウェア)
  • うちわ・扇子
  • スキンケアグッズ(化粧水など)
  • ヘアブラシ
  • 冷却スプレー
  • ウェットティッシュ
  • 汗拭きシート
  • 子供用の水遊び専用おむつ

この中の、現金・バッグ・帽子・UVカットウェア・子供用の水遊び専用おむつについて、詳しく解説します。

ロッカーキーを活用した支払いシステム

鶴見緑地プールでは、来園者に渡されるロッカーキーが、ユニークな支払い手段として機能します。

このキーは、プール内の売店での買い物時に電子マネーのように使用でき、レジで提示するだけで支払いが完了します。

出口での一括精算方式なので、とても便利です。

貴重品を持ち込む必要がないため、安心して楽しむことができます。

ちなみに、鶴見緑地プールでは、入場料は券売機で現金のみとなっています。

その他、館内での購入については、クレジットカードや電子マネー(ID・PITAPA・楽天Edy・WAON・交通系IC)で支払いができます。

プール用バッグの選び方

プールで使用するバッグは、容量が大きく多くの荷物を収納できるものが好ましいです。

盗難防止や実用性も重要なポイントです。

また、プールに適した防水素材など、水濡れを気にせず使えるバッグを選ぶことがおすすめです。

プールでの帽子の必要性

鶴見緑地プールでは、傘の持ち込みが許されていないため、特に開園前の待ち時間に日傘が使用できません。

このため、夏の強い日差しを避けるためには、帽子の持参が有効です。

日焼け対策として、帽子を用意することを推奨します。

ラッシュガードのメリット

ラッシュガードは、紫外線からの保護と日焼け防止に役立つアイテムです。

プールから上がったときの体温低下を防ぐのにも適しています。

速乾性が高く、持ち運びに便利なので、1枚あると非常に役立ちます。

水遊び用オムツの使用法

まだオムツが取れないお子様には、水遊び用オムツが不可欠です。

これを着用してから水着を着ることで、赤ちゃんもプールを存分に楽しむことができます。

施設内にはおむつ替えスペースも備えられており、幼児連れの来場者も安心して過ごせます。

鶴見緑地プールでの持ち込み可否ガイド

鶴見緑地プールにおける持ち物に関する情報をお伝えしましたが、持ち込みが可能かどうか迷うアイテムがいくつかあります。

ここでは、そうしたアイテムに関する持ち込みルールを具体的に解説します。

以下のアイテムが持ち込みのグレーゾーンにあるものです。

  • 食品と飲料
  • クーラーボックス
  • テント及びパラソル
  • 折り畳み式の椅子
  • 大きなサイズの浮き輪(イルカ型など)
  • ベビーカー

これらの6つのアイテムについて、持ち込みが許されているのかを詳しくご説明します。

リストにないアイテムについて不明点がある場合は、鶴見緑地プールへ直接お問い合わせください。

食品と飲料の持ち込みについて

食品や飲料の持ち込みは基本的に許可されています。

ただし、アルコール類、瓶や缶の持ち込みは禁じられています。

クーラーボックスの使用に関して

食品や飲料の持ち込みが可能なため、クーラーボックスも持ち込むことができます。

食べ物を持ち込むときは、クーラーボックスなどを使って傷まないように工夫してください。

冷凍ペットボトルを一緒に入れると一石二鳥ですね。

テントやパラソルの持ち込み規制

テントやパラソルの持ち込みは、許可されていません。

また、傘も同様に持ち込みが禁止されているので、特に女性は日傘の持ち込みにも留意してください。

折り畳み式椅子の持ち込み禁止

折り畳み式椅子は、持ち込みが許されていません。

休憩所では、レジャーシートのみの使用が許可されています。

大型浮き輪の持ち込み規定

100センチメートル以上の大型浮き輪は、持ち込みが禁止されています。

ベビーカーの持ち込みについて

ベビーカーの持ち込みは認められていないので、小さなお子様は抱っこして移動することが必要です。

まとめ

鶴見緑地プールに遊びに行く時に役立つ必須アイテムと、持ち込み可能な便利な物、また、持ち込みできないものについてご紹介しました。

必要な持ち物は、水着、レジャーシート、ビーチサンダル、タオル、現金、防水ケース、ビニール袋、バッグです。

あると便利な持ち物には、ゴーグルや浮き輪、帽子、ラッシュガードなどがあります。

テント、パラソル、椅子、大きな浮き輪、ベビーカーなどは持ち込みできないのでご注意ください。

error: